色々な漢方

近年は、女性の社会進出が目覚ましく、晩婚化し妊娠する女性の年齢も高くなっています。
一般に女性の生殖能力は20代後半に成熟期を迎え、その後は加齢と共に徐々に低下し、35歳以上の高齢女性は妊娠率の低下や流産リスクの増加などが見られます。
不妊治療には排卵誘発剤の投与、体外受精や顕微授精などがありますが、何度試しても卵子が着床しなかったり、流産してしまうと悩む女性も多いと言われます。
最先端の科学的な技術を使っても高齢だから妊娠・出産できないと諦めてしまう前に、漢方薬治療で体の根本から改善して妊娠し易い体質に、そして赤ちゃんがお腹の中で健やかに育つような健康な体質に改善しましょう。
不妊症の女性は冷え性だったり、低体温で血行が悪いなどの特徴があります。
まずは、漢方の専門医に体質をチェックしてもらい、自分の体に合った漢方薬を処方してもらいましょう。
体の冷えやこり、ホルモンのバランスの崩れなどを改善し、血流をよくすることで子宮や卵巣の働きを整え、妊娠し易い、そして赤ちゃんがしっかり育つ体になります。

漢方薬は使い方に注意

 最近では35歳以上の年齢で高齢出産をする方が大変増えています。
特に身体に異常がなくても、年齢とともに女性の妊娠する確率は下がっていくと言われており、一定の不妊治療や対策などが必要になるケースも実際多いのです。
そうした場合に良く使用されるのが漢方薬です。
 漢方薬には即効性はありませんが、じっくりと体質を改善し、身体をよりよい状態へと近づけていくことが出来ると言われています。
体調を整え、妊娠しやすい身体を作るにはまさにもってこいということで、注目が集まっていますが、漢方薬を使用するに当たってはいくつか注意すべきこともあるのです。
 漢方薬はそれぞれの体質や症状に合わせて処方されます。
ですので、まずは正確な診立ての出来る医師や薬剤師にかかるということが大切になります。
漢方薬という薬の特性を使用する側が正しく認識しておくことも必要です。
高齢出産の場合、女性はとかく焦りがちになり、時に薬を多量に飲んでしまう方もいらっしゃいます。
通常の薬と同じく漢方薬にも一定の副作用があり、重症化することもあります。
ですので、こうした飲み方は大変危険です。
又漢方薬には即効性は余り期待できません。
不妊対策の場合でも補腎といって、身体を整えて健康な卵子を卵巣が作れるようなることを目指しますので、思うような結果がすぐには出ないといったこともあります。
身体を整えながら運命に身を任せるといった気長な気持ちで取り組むことがやはり欠かせないのです。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031